ここはあなたのお城なので、自分の作りたいお店を作ってください、と言ってもらえました。

三輪 真希子
店長
今回はコメダ珈琲店で店長として働く三輪さんにお話を伺いました。お店を地元のお客様と絆ができる特別な場所にしたいと語る三輪さんは三立化工機だからこそ、それができると語ってくれました。
-- はじめまして。今日はよろしくお願いいたします。今回は三立化工機に就職を検討している向けに、各業態の社員の皆さんにお話を伺っています。今回は三輪さんにコメダや三立化工機でのお仕事について伺いたいと思います。なにとぞよろしくお願いします。
はい。こちらこそ、宜しくお願いいたします。
-- まずは今店長を務めておられる、「コメダ珈琲店 関池田店」の雰囲気を教えてもらえますか?
はい。うちだけではないかもしれませんが、コメダ珈琲店って、お店側とお客様との関係がとても近いと思うんですよ。普通のカフェや喫茶店とは違うと思って。「今日は寒いですね」と言う言葉から、「体調大丈夫ですか」といった感じで、毎日顔を見るからこそ作れる関係がそこにはあると思います。常連さんになればなるほど、近くなっていく気がしますね。
-- 地域に根差した事業だからこそ、常連さんとも関係が深くなるんですね。
そうです。常連のお客様は、自分で作っておられるお野菜を持ってきていただいたり、旅行に行った時に気軽にお土産を持って来てくださったりします。お店とお客さんの関係以上ですよね。
-- お店作りでイメージしていることはありますか?
いろいろあるのですが、やっぱりお客様にとって特別で、居心地のよいお店にしたいとはいつも思っています。時間を潰すためにお店に来て、コーヒーを飲んで用事が済んだらそれでバイバイ、といった関係ではなくて、お家のような居心地の良い場所、そうあって欲しいと思っています。
-- アルバイトやパートの方の働きやすさについても、工夫をいつも考えているとお聞きしました。
そうですね。やはり働いてくれる方々もその居心地のよい場所の一部なので、働きやすい楽しい環境を作りたいとはいつも思っています。
-- 具体的にはどんな工夫があるのでしょうか?
学生の方や小さなお子様のおられる主婦の方などが働く場合には、やはりシフトの調整のし易さが1番重要になると思うんです。なのでうちではシフトは自己申告制で、基本的にシフトに関しては、皆さんの希望を優先して受け入れるようにしています。

例えば学生の方であればテスト期間や実習の期間などどうしても休みを増やさないといけない時期には遠慮なく休みをとってもらっています。

もちろんそれだけではやっていけないような場合もあるので、逆に他の人が休まなくていけない場合には融通をしてくれてたりします。そんなお互いに支え合える関係があると言うのも私は嬉しく思っています。
-- ただ単に飲食店で働いているというだけでは無いような印象ですね。
それはそう思いますね。例えば学生の方で言えば、社会に出る練習の場になるような気がします。社会勉強というか。目上の方や自分とは違った環境のお客様とのコミニケーションを学べる場にもなるとみんな言ってくれています。
-- 今度は会社として、三立化工機での仕事の魅力を教えてもらえますか?
はい。やはり東海地域に根ざして様々な事業を展開していることが1つの特徴だと思います。地元で長く働きたい主婦の方などには本当に良い環境だと思います。私ももともと主婦で正社員などはしばらく経験がなかったのですが、今ではもう7年も務めさせていただいています。やはり歴史のある会社と言うのも安心感があっていいと思います。

それと実際に入社してわかったのは、個人の頑張りをきちんと評価してくれる会社だと言うことだと思います。私も以前喫茶店などでアルバイトをしていたこともあるのですが、なかなか個人の頑張りというのは見えないものだと思うんです。

でも当社はその点はしっかりと評価してくれると思います。仕事も任せてもらえますし、店長として結果をきちんと出せば、お給料にもきちんと反映してくださいます。きちんと認められていると言う感覚があるので、がんばりがいもありますね。
-- 他にもありますか?
先ほども少し言った「任せてもらえること」ですね。これが一番かもしれません。店長としてお店を任せてもらったときに「ここはあなたのお城なので、自分の作りたいお店を作ってください」と言ってもらえました。どんなお店にしたいのか、どんな場所にしたいのか、そういった事は全て任せてもらっています。
-- コメダ珈琲店 関池田店の魅力を一言でいうと?
地元で長く働きたいとか、お客様と近い距離で働きたいと言う方には本当にオススメだと思います。スタッフ同士も仲良しなので、オススメだと思いますよ。